【新機種】ミラーレス一眼Nikon Z5が発表されました

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

先日はCanonからEOS R6、R5が発表されましたが、 
昨日はNikonから廉価機種のZ5が発表されました。
Z6の廉価版ではありますが、仕様の面での改善や同等のスペックも受け継いでいます。

Nikon Z5の特徴

  • キットレンズとの組み合わせで超軽量
    キットレンズ「NIKKOR Z 24-50mm F4-6.3」の組み合わせが、約870gと軽量になっており、気軽に持ち運べます。
     
  • SDカードのダブルスロット
    Z7やZ6はシングルスロットが不評でした。ダブルスロットが当たり前の時代に上級機がシングルスロットだったので。
    エントリーモデルでここを改善してくれたのは嬉しいポイントですね。
     
  • 低価格
    ボディ単体が約18万2600円、レンズキットが22万2200円とかなりお買い得なフルサイズ機となっています。

Z6との違い

Z5は廉価版なので、Z6とは棲み分けがされておりスペックダウンが図られています。
  • メディア・スロット
    Z6はより上位向けのXQDカードが採用されていますが、Z5は比較的入手しやすいSDカードを採用しています。
    前述の通りZ5はダブルスロットになりました。
     
  • 撮像素子の種類
    Z6は裏面照射型だが、Z5は従来の表面照射型を採用しています。画素数同等です。
    集光効率が少し違うため、センサーの感度や最低AF照度が落ちています。
     
  • 連写速度は4.5コマ/秒
    Z6は5.5コマでした。
     
  • 動画性能
    フルフレームの4K 60PのZ6とは違い、最高4K 30Pになりクロップされます。
     
  • サブディスプレイはない

同じ部分

  • 堅牢さ
    フレームの頑丈さや防塵防滴性能などはZ6/Z7と同等とのことで、手に持った感じは安っぽさを感じさせないはず。
  • 使用感
    サブディスプレイはありませんが下位機では省かれがちなジョイスティックが搭載されている等、写真撮影における利便性に不利のないように工夫されています。

ライバル機と比較

他社の廉価機種と言えばCanon RPですね。

もう一機種はSONYから、型落ちで値下がり、実質エントリーモデルのような扱いのα7IIを比較に挙げました。 

 
  Nikon Z5 Canon EOS RP Sony α7II
記録媒体 SDカード SDカード SDカード
スロット ダブルスロット シングルスロット シングルスロット
レンズマウント Z マウント RFマウント Eマウント
センサー フルサイズ フルサイズ フルサイズ
有効画素 2432万画素 約2620万画素 約2430万画素
ファインダー 約369万ドット・有機EL 約236万ドット・有機EL 235万ドット・XGA OLED Tru-Finder
視野率 約100% 約100% 約100%
倍率 約0.8倍 約0.70倍 約0.71倍
オートフォーカス ハイブリッドAF(位相差/コントラスト) デュアルピクセル CMOS AF ファストハイブリッドAF(位相差/コントラスト検出)
瞳AF 人物・犬・猫 人物・犬・猫 人物
タッチパネル 有り 有り なし
測光範囲 EV-3~17 EV-5~18 EV-1~20
シャッタースピード 1/8000~30秒 1/4000~30秒 1/8000~30秒
X同調速度 1/200 1/180 1/250
連続撮影速度 約4.5コマ/秒 約5.0コマ/秒 約5コマ/秒
モニター 3.2型TFT液晶モニター 3.0型TFT液晶モニター 3.0型TFT液晶モニター
モニタードット数 約104万ドット 約104万ドット 約122万ドット
モニター方式 チルト式 バリアングル チルト式
ISO感度
(静止画)
常用感度 ISO 100-51200 100~40000 100-51200
動画ファイル形式 MOV、MP4 MP4 MP4、XAVC S、AVCHD
動画記録 フルHD 1080/60p
4K UHD 30p
4K 24P フルHD 60P
ボディー内手ブレ補正 有り なし 有り
外装 マグネシウム合金(前面カバー、上面カバー) エンジニアリングプラスチック マグネシウム合金(トップカバー、フロントカバー、内部フレーム)
防塵防滴仕様 防塵・防滴に配慮した設計 防塵・防滴に配慮した設計 防塵・防滴に配慮した設計
シャッター耐久 20万回 10万回 10万回
質量 約675g 約485g 約599g
撮影可能枚数 約470枚 約250枚 350枚
価格 ボディ単体 約18万円 ボディ単体 約13万円 ボディ単体 約12万円
発売 2020年8月下旬 2019年 3月14日 2014年12月 5日
 

最もバランスがいいのはZ5

性能に対して一番コストパフォーマンスに優れているのはZ5だと思います。
スチル撮影特化で考えると間違いなくZ5です。
価格は最も高いようにも見えますが、新品で値下がりもない状態でのこの価格は破格と言えます。

値段と軽さで選ぶならEOS RP

    価格や軽量さで選ぶならEOS RPがオススメです。
    セット販売もされているRF35mm F1.8 MACRO IS STMは軽量で写りもよくハーフマクロなので1本でかなり楽しむことができます。

    SONY α7IIは?

    発売年月を見てもわかる通り、一昔前のスペックとなっていますが、
    未だにこうして新機種との比較に挙げられる実力の持ち主といえます。
    SONYが気になっている人や純正レンズのラインナップの多さで選ぶならSONY α7IIをお勧めします。
    今でも新品で販売されており、安価にフルサイズ画質をはじめられます。
     
    カメラは手に持った時のボタンの配置やレスポンスの良さなどの使用感も重要になってきますので、
    スペック表の比較だけでは単純に比べられませんが、参考にしてみてください。

    まとめ

    Canonからはプロフェッショナル向けの機種が発表されましたが、Nikonからはエントリーモデルの発表となりました。
    7月29日に控えているSONY α7SIIIの発表も楽しみですね。同時にα7VIは登場するのでしょうか?

    しょうもないけど気になること

    ところで、全くどうでもいいことが気になったりします。
    Nikon機のナンバリングは今後どのようにしていくのでしょうか。
    Z7/Z6の時点で不思議だったのですが、Z50ときて今回Z5とは。
    5はエントリーモデルとしていくのでしょうか。
     
    SONYはミノルタから受け継いできた9、7という数字を与えているのはわかります。
    Canonも5D、6Dから受け継いだナンバリングも理解できますよね。
    Nikonだけが何が何だかわからない…

    アルプスカメラの中古買取販売

    当店では中古買取も受付しております。
    デジカメ・フィルムカメラの種類は問いません!
    古くてボロボロのカメラでも是非一度ご相談下さい。意外に価値があることも!?
    スマホで写したものをお持ちになってご相談頂いても構いません!

    気軽にメールでのお問い合わせもお待ちしております

    info@alps-camera.jp

    おおよそのお値段をお伝えします。

     

    カメラ関連のアクセサリー品類も査定いたします!

    1品1品では値段の付けられない商品でも一括買取可能ですので、

    不用品まとめてお持ちくださいOK

    こちらも参考にしてみてください
    ⇀「買取査定額アップのポイントは?