Nikon FM3A + Ai Nikkor 50mm F1.4

私が一番最初に手にしたマニュアルカメラは、
次モデルの FM3A でした。
こちらはマニュアル露出のFMシリーズと、
絞り優先のFEシリーズが統合された最終形態。
機械制御と電子シャッターのハイブリッドカメラです。
見た目の大きな違いといえば、
ロゴがFM3Aでは斜体になっていますね。


私はこのカメラを手にして、
シャッター速度と絞り、フォーカスを自分で合わせる難しさ。
写真撮影の本質を学びました。

当時先輩にお勧めされて相棒としたのが、
AI Nikkor 50mm F1.4 でした。
絞りを変化させる楽しさ、
それによって変わる画の味。
スタンダードな画角といわれる50mmで
写真はフットワークだと
勉強になった思い出があります。

以下は作例という程のものではありませんが、
この組み合わせで撮影した写真です。




松島 フェリーから
FILM : PRO400H


FILM : NATURA1600




大久野島
FILM : PRO400H

機械式のカメラは一生モノだって感じられる、
デジタルカメラには湧かないような愛着や魅力があり、
手放さずに大切に所持しているカメラの中の1台です。
絞り値の記載もないためあまり参考にはならないかもしれませんが、 雰囲気だけでも伝わればなと思います。 フィルム写真は、使用するフィルムによっても 印象が違ってくるので楽しいですよね。 ミラーレスカメラにオールドレンズを装着して レンズの味を楽しむブームもありますが、 フィルム写真の文化が末永く続くことを祈るばかりです。