デジタル一眼のフルオートから抜け出そう!①「絞り」

デジタル一眼(一眼レフ・ミラーレス)を購入したけれど、何だか思ったように撮れない。

そんなあなた、全部をカメラ任せにしていませんか?

フルオートで撮るとカメラが判断したようにしか写せません。

オート機能にも種類があります。

自分で考えて設定し撮影ができれば今より思ったように写すことができるようになります。

 

「デジタル一眼のフルオートから抜け出そう」と題し、3回に分けて記事にしていきます。

第一回目の今回は「絞り」に焦点を当てて説明していきます。

2回目は「シャッター速度」、3回目は「ISO感度・その他の機能」を予定しています。

基本の3要素「絞り・シャッター速度・ISO感度」

「写真」は「絞り・シャッター速度・ISO感度」の3要素で構成されます。

これらは適切な光の量を得るための機構・機能です。

また光を自在に操るためにはこれらの要素をよく理解する必要があります。

露出

場所や明るさに応じて写真を構成するのに必要な光の量が決まっており、これを「適正露出」と呼びます。

「露出」とは撮影時にイメージセンサー(昔でいうフィルム面)に光を当てることを言います。(露光とも言う)

露出は、絞り・シャッター速度・ISO感度のそれぞれの数値によって決定します。

基本は絞りまたはシャッター速度を設定し、ISO感度はそれを補う役割となります。

カメラのモードについて

カメラのモードには大きく分け、「P・A・S・M」のモードがあります。

一例です。設定方法はカメラによって違います。

 

P=プログラムモード…自動で露出を決定するモード。特に難しい操作の必要がない初心者向けのモード。

A=絞り優先モード(Avと記載の機種も)…絞りを自分で決定すると、シャッター速度を自動で決定して適正露出を得るモード。

S=シャッター速度優先モード(Tvと記載の機種も)…シャッター速度を自分で決定すると、絞り値を自動で決定するモード。

M=マニュアルモード…絞り値・シャッター速度・ISO感度を自分で設定して露出を得るモード。上級者向き。

 

絞り

ここからが今回の本題になります。

 

「絞り」とはレンズから入る光の量を調節する機構です。絞りを調節することで穴の大きさが変化します。

この穴からカメラに取り入れる光の量を数値化したものが、F値といいます。

シャッター速度1/60 F1.8
 

F値を調節することで、写真をくっきりシャープに写したり、背景をぼかして写したりすることができます。

 

F値は、数字が小さいほど穴が大きくなります。これを絞りを開くといいます。

また、数字が大きいほど穴が小さくなり、これを絞るといいます。

 

1.4・2・2.8・4・5.6・8・11・16・22・32

← 開く(明るい) / 絞る(暗い) →

 

絞りを開くと光の取り込む量は多くなり、明るくなります。

逆に絞った状態では光の量は少なくなるので、暗くなります。

 

同じ明るさの場所で絞りによって光量が変わった際には、シャッター速度を調整して明るさを合わせます。

シャッター速度は速くすると暗くなり、遅くすると明るくなります。

 


F1.8(開いた状態・ボケる)   F22(絞りこんだ状態・ピントの合う範囲が広い)

 

絞りを活かす

絞りの効果を活かしたいときは、Aモード(絞り優先) を使用しましょう。

絞りを設定すると、シャッター速度・ISO感度が自動で設定されます。

ボケ

レンズ交換式のデジタル一眼カメラを使う上での醍醐味のひとつは「ボケ」ですよね。

絞りの機能を生かしてボケをコントロールすることもできます!

 

背景ボケは、絞りを開いた状態(F値が小さい)ほど大きくなります(よくボケる)

逆に、絞り込んだ状態では(F値が大きい)小さくなります(あまりボケない=前後にピントが合うように)

 

ボケる状態を被写界深度が浅いといいます。

 

F値=1.4

F値=16

 

F値=2

 

人物を撮るときは、ボケを大きくすると印象的なポートレートが撮影できます。

 

「ボケる」ポイントは後の記事で詳しく掲載していきます!

シャープさ

絞りは開くことによってボケが得られると解説しました。

では逆に絞り込むことによって、「シャープさ」を得ることができます。

風景などをくっきりはっきり写すことができます。

 

ここで注意なのが、絞り込む場合は単に数字を一番大きくすればいいというものではなく、

レンズによって最もシャープな値は違っています。多くはF8ぐらいが最もシャープに写すことができています。

これ以上絞り込むと回折現象というものが起き、画質は逆に低下していくので注意が必要です。

 

絞り込むことによってピントの幅が広がり画面全体的にピントが合ったようにみせる手法をパンフォーカスといいます。

 

また、手前から奥までピントが合ったように見える状態を被写界深度が深いといいます。

暗い場所

夜や室内など暗い場所で手振れを防ぐにはどうすればよいでしょうか?

手振れはシャッター速度が遅くなってしまった場合に起こりやすいです。

絞りは「開く」ほど明るさを得ることができます。

これはつまりシャッター速度を速くすることができます。

暗い場所でシャッター速度を稼ぐためには、F値を明るくすることができるレンズを推奨します。

絞りを活かせるレンズ

絞りの特性を活かすためには、F値の数字が小さいものを選択しましょう。
 
カメラに付属してくる所謂キットレンズというものは
F値が暗く、望遠側にズームするほど暗くなってしまいます。
例えば、キットレンズ「16-50mm F3.5-5.6」の場合、
16mmではF3.5に設定できますが、50mm側ではF5.6までしか設定できません。
「24-70mm F2.8」などのF値が固定で尚且つ2.8と明るめに設計されているレンズです。
しかしこれはプロも使用するレンズで、高価で大きく重たくなりがちです。
 
単焦点レンズの場合、F値は明るく設計でき、数値の低いものが多いです。
中でも 50mm F1.8 が一般的でおススメです。
各メーカーから比較的安価に、軽量に設計されて発売されているものが多いです。
 
一般的にF値の小さなレンズのことを明るいレンズといいます。
英語ではHigh Speed Lensと言われたりもします。
F値を小さくするとシャッター速度を速くできることから、ハイスピード(高速)ということですね。

まとめ

  • 絞りは開くと明るく、絞ると暗くなる
  • 絞りを開くほどボケを得られる
  • F8付近が最もシャープに写せる
  • ボケを出したい時はF値の小さなレンズを選ぶ
     

アルプスカメラの中古販売買取

当店ではネットでも中古品を安心して購入いただけるように
画像や文章で適切に商品の状態を伝えられるように工夫しています。

また、お問い合わせフォームから気になる点を
ご質問頂けるようにしております!


当店では中古買取も受付しております。
デジカメ・フィルムカメラの種類は問いません!
古くてボロボロのカメラでも是非一度ご相談下さい。意外に価値があることも!?
スマホで写したものをお持ちになってご相談頂いても構いません!

気軽にメールでのお問い合わせもお待ちしております

info@alps-camera.jp

おおよそのお値段をお伝えします。

 

カメラ関連のアクセサリー品類も査定いたします!

1品1品では値段の付けられない商品でも一括買取可能ですので、

不用品まとめてお持ちくださいOK

こちらも参考にしてみてください
⇀「買取査定額アップのポイントは?