【新機種】SONY α7S IIIとα5の噂

当店のブログをご覧いただきありがとうございます。

カメラファンの方々ならご存知の通り、先月からフルサイズミラーレスの新しい波が来ていますね。

本来ならオリンピックイヤーだったという影響もあるのでしょうか?

今回は少し前に発表されて10月発売となったα7S IIIと、エントリー向けとして噂の立っているα5(仮)に焦点を当てたいと思います。

私自身、動画にはあまり詳しくなく、動画向けのα7S IIIが発表されたときは記事を書きませんでした。

今回も、写真的な目線で紹介することになりますのでご了承ください。

α7S IIIの特徴

「映像世界を、意のままに」のキャッチが示す通り映像表現に全力を注いだ一眼カメラです。

  • フルサイズ領域での全画素4K読み出しや4K120P動画
    クロップ(画角がトリミング)されることなく4K画質での録画や、120Pでの滑らかなスローモーション動画撮影が可能ということですね。
     
  • 約944万ドットの高精細OLED電子ファインダー
    α7R IVが約576万ドットなので、かなりの進化が伺えますね。
    オールドレンズを使ったMFでのピントピークの確認なんかはかなりやりやすいのでは?
     
  • SDカード/CFexpress Type Aデュアルスロット
    CFexpress Type Aを用いることで、大容量バッファメモリーと高速処理性能による1,000枚以上の非圧縮RAWファイルの連続記録なども可能としています。
     
  • 有効約1210万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー
    1画素あたりのサイズが大きくなるので、低ノイズ・広いダイナミックレンジの動画・静止画を撮影できます。
    静止画・動画ともに常用ISO 80-102400(拡張感度は、静止画時ISO 40-409600、動画時ISO 80-409600)
     
  • 新しいメニューUI
    タッチ操作に対応した新たなメニューUIとなりました。
    旧機種がなぜタッチ操作に対応しなかったのかわかりませんから、当然の機能ですね。
    UIが使いやすいかどうかはわかりませんが、慣れの問題でしょうか。
     
  • バリアングル液晶

    今回初採用されました。
    動画を撮るなら、チルト液晶よりもバリアングルということでしょうかね。
    元々から採用を望む声も多かったようです。
    ※特に一眼カメラとして目新しい形状でもなんでもありません。

写真的には

写真を撮る人向けに考えた場合どうなんだろうかと考えましたが、
特徴的なのは1210万画素の低画素を求める方は良いと思います。
しかし、低画素を求める場合ってどのような場合でしょうか。
データ容量を小さくしたい(PCへの転送やディスク容量節約等?)
ダイナミックレンジの広さ重視・低照度下でノイズレスな写真が撮りたい・・・
上記のような理由で価格40万超のカメラを求めるのもどうなのかと考えると
やはり動画がメインに写真も撮影する人向けだなという印象を受けます。
高性能ファインダーや、新メディアの採用、新UI、バリアングル液晶は後発の機種でも採用されるような気がします。
そしてその一部がウワサのエントリー向け機種に採用されるのではないか?と言われています・・・

α5の噂

α5は、10万円台で買える電子ファインダーレスのエントリー向けフルサイズミラーレス一眼、と噂されています。 (名称はα5またはα6になるかもとの噂)

噂されている詳細なスペックを下記に列挙します。
  • バッテリーはNP-FZ100
  • USBはType-C
  • SDカードシングルスロット
  • マイク端子とヘッドホン端子を備える。
  • ​既存の​​​​​​α7・α9シリーズには属さず完全に新しいラインとなる。
  • EVFが内蔵されていない。
  • α6000シリーズのようなサイズでコンパクト。
  • α7S IIIに似たタッチパネル及び新UIとバリアングル液晶
噂段階なので何とも言えませんが、動画性能も意識したエントリークラスのフルサイズミラーレスになるとのことです。  
上記の噂通りならかなり魅力的なカメラになりそうですね!


外付けのEVFが販売されるのか、α6000系のようにレンジファインダースタイルの位置に内蔵されはしないのか気になります。

価格帯的にはCanon EOS RPやNikon Z5あたりが競合となるでしょうか。
形状的にはSIGMA fpと比較されるのではないかという話も目にします。

同社のα7II(無印)も値下がっているので競合になりそうですが
そろそろ置き換えでディスコンになってもおかしくはないですね。

 

α5Rなんかが出てほしいと個人的には思います。
α7シリーズには現行で3600万画素程度のミラーレスがないので・・・。
コンパクトで高画質も需要があると思います。
α5シリーズが登場することを期待します。

まとめ

今やフルサイズミラーレスの流れは「動画性能」にあります。
YouTubeやVlogが流行る今は写真も動画もそこそこのカメラが訴求力が高いということですね!
9月3日にはPanasonicからLUMIX S5の発表が控えています。
SONYも噂通りα5なら、各社「5」がかなり注目の数字になりますね。
Canon以外は廉価版(下位機)ということなる!?