Nikonデジタルカメラ・レンズ用語・表記の意味

デジタルカメラ本体

FXフォーマット

フルサイズセンサーを搭載したカメラのこと。35mmフィルムのサイズに準じたセンサーフォーマット(約36×24mm)

DXフォーマット

APS-Cサイズセンサーを搭載したカメラのこと。APSカメラシステムのAPS-Cタイプフィルムに近いセンサーサイズのフォーマット(約24mm×16mm)

Dシリーズ

Nikonのデジタル一眼レフカメラのシリーズ

D1桁シリーズ

プロ用途向けモデル

D3桁シリーズ

ハイアマチュア、およびプロのサブ機向けモデル

D2桁シリーズ

初心者向け~プロのサブカメラとして幅広いラインナップを有する、DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ
2008年発売のD90で番号枯渇のため、2009年にD4桁シリーズへ移行した。

D4桁シリーズ

D2桁シリーズの番号枯渇に伴い2009年より登場。初心者向け~プロのサブカメラとして幅広いラインナップを揃える

COOLPIX

コンパクトサイズデジタルカメラのシリーズ

Nikon 1

ミレーレス一眼のシリーズ。このシリーズを展開当時は「レンズ交換式アドバンストカメラ」としていた。旧製品のカテゴリーに移動しており、開発は終了している。

Zシリーズ

2018年より展開している、ミラーレス一眼のシリーズ。
マウント内径は55㎜という大きさ、フランジバックが16㎜という短さを特徴とする。
58mm F0.95という明るさを実現した。今後の展開が期待される。

 

レンズ

Dタイプ

DはDistance(距離)を表す
F値の表記の後ろにDが付くレンズ。
絞りリングのあるレンズ。古いカメラにも対応。

Gタイプ

F値の表記の後ろにGが付くレンズ。
絞りリングのないレンズ。デジタル一眼レフに対応。
絞りの制御は機械的に行う。

Eタイプ

F値の表記の後ろにEが付くレンズ。
絞りリングのあるレンズ。古いカメラにも対応。
絞りの制御を電磁的に行う。
物理的に絞り羽根を動かすことはできない。

AF-S

AF駆動用のSWM(超音波モーター)を内蔵するレンズ。

Ai AF

フィルムのAFカメラ時代に発売されたレンズ。
カメラボディ内のAFモーターを使用してオートフォーカスを作動させる。
デジタル一眼レフでも使用できるが、AFモーターを内蔵していない機種ではAFに対応しない。
(D40やD3000番台・D5000番台では使用不可)

AF-P

STM(Stepping Motor=ステッピングモーター)を内蔵するレンズ。
高速で静粛性にすぐれたオートフォーカスが可能。

VR

Vibration Reductionの略で手振れ補正機能のこと

DX

DXフォーマット・APS-C用のレンズ

ED

特殊低分散ガラスを使用したレンズ。色収差等を抑える。

Nの金色のロゴ

ナノクリスタルコートのこと。Nikonの技術を高性能な反射防止コーティング。
上位のレンズに施されていることが多い。

FL

蛍石レンズのこと。望遠レンズの優れた色収差補正と軽量化を実現する。
蛍石は、赤外領域から紫外領域にわたって高い透過率を有する結晶素材

DCレンズ

Defocus-image Controlの略。
DCリングの操作で、レンズの一部を前後に動かすことにより、被写体の前後のボケ像の形状をコントロールできるレンズ。

Noct

Nocturne(夜想曲)からその名をとったといわれている。
開放絞りでの夜間撮影をできるように設計されている。

S-Line

Z マウントレンズの「S-Line」は、脈々と受け継がれてきたニコン独自の設計指針と
品質管理をさらに厳格化した NIKKOR Z レンズの中でも、さらに高い基準を満たすレンズにつけられた称号。
「優れた(Superior)」、「特別な(Special)」、「精緻な(Sophisticated)」等の意味が込められている。